漫画家 多田かおるの公式サイトです

高校生の頃(1977年)、集英社の少女漫画雑誌、別冊マーガレットの『新人長編まんが賞』に入賞して以来、約22年間、漫画家としてご活躍されました。発表した作品は、約35タイトル、話数は約200話にものぼります。中でも、イタズラなKiss愛してナイトデボラがライバルは、多田かおる先生の代表作品で、発表から20年、30年経過した現在でも多くのファンの方にご愛読頂いております。このページでは、多田かおる先生がどのような漫画を描くのか、その作風をご紹介しております。

1977年の入賞時、「これからも身近な学園ものを描いていきます」と、コメントされてから、主に学園を舞台にした、恋愛少女漫画を描いてきた多田かおる先生は、明るい人柄で、ロックが大好き、おしゃべり大好き、そして好奇心がとても旺盛で、自称「ミーハー」。

かおる先生の周りにはいつもたくさんの友人が集まり、とてもにぎやか。公私とも忙しい日々でしたが、息子さんが生れても、家事と仕事を両立させ、漫画の締切には必ず間に合わせる、しっかりした面をお持ちでした。

そんなかおる先生の描く漫画のヒロインは、どの作品も全てご本人。実生活と同じで、周りにはいつもたくさんの友人が集まります。悪い人は決していません。皆とても仲良しで、なによりもヒロインを支えてくれます。

漫画の中には実生活で会うたくさんの友人や、アシスタントさん、バンドの人達など、身近な人が多く登場します。一方、肝心の、ヒロインが恋に落ちる男性は、かおる先生が妄想に理想をたくさん掛けて作った(ヒントの元になる実在する人物はおります)、とにかく外見がカッコイイ男性。

かおる先生の、ストーリー作りのコツをひとつご紹介しましょう。

「大事なのは、30ページの中で心に残る印象的な シーン・セリフがあるかどうかです。 そのシーンが描きたいためにここまで描いたっていう程の ものが欲しいですね。 あとはどれだけイイ男が描けるかです。 行動、セリフ、なんたって顔!! それが読者をノックアウトさせる重要なアイテムです。」



~多田かおる談~