漫画家 多田かおるの公式サイトです

漫画家 多田かおるの公式サイトです

きまぐれエンジェル

「きまぐれエンジェル」の発表

「きまぐれエンジェル」が発表されたのは、集英社・別冊マーガレットの1987年7月号から10月号にかけてです。全部で4話。当作品は”デボラ&朝代”シリーズの第2弾です。”デボラ&朝代”シリーズの第1弾の、「さびしがりやのデボラ」からご覧いただくことをお勧めします。

「きまぐれエンジェル」のあらすじ

「関本 朝代(せきもと あさよ」は大学1年生。一人暮らしを始めたときに隣の部屋に住んでいたのが、「市松 梅之助(いちまつ うめのすけ)」こと、デボラ。彼は朝代と同じ大学の先輩。美男子で、お茶の家元の跡取り息子。ところが、デボラは自分を女性だと心の底から思っている。

そんな2人はなぜかお互いが気になる存在。部屋が隣同士ということもあって、互いの部屋を行き来するデボラと朝代だが、2人はまだ友達以上恋人未満の仲。

そんなある日、突然朝代の両親が訪ねてきた。しかもタイミング悪く、訳あってデボラが朝代の部屋のシャワーを使っている時だった。同棲ではないかと、両親に二人の関係を責められたデボラは、せっぱつまって「将来を約束している」と言い出す。

実はデボラには亜樹という許嫁がいて悩んでいた時だった。この際「朝代に結婚相手のふりをしてもらって許嫁にあきらめてもらおう」という計画だ。はたして、亜樹はデボラをあきらめてくれるだろうか・・・

「きまぐれエンジェル」の見どころ

「きまぐれエンジェル」の執筆中に多田先生は東京へと引越します。ご主人がミュージシャンで、デビューするということで、一緒に東京に引っ越すことになったのです。作品中にも、デビューに関するメッセージが描かれてます。

デボラはお茶の家元の息子で、大学では茶道部に入っているという設定です。茶道にはいろいろ流派がありますが、裏千家を想定して描かれてます。多田先生は当作品を執筆するにあたって、裏千家へ取材を兼ねて、通ったそうです。

ところで、この作品にはイタキスの入江君の名セリフ「おまえは オレが 好きなんだよ」に似たセリフが出てきます。デボラのセリフなので女性っぽい言い方ですが、探してみてください。

「きまぐれエンジェル」をご覧いただくには

「きまぐれエンジェル」は、コミック(印刷)や電子書籍でご覧いただけます。

「きまぐれエンジェル」コミック(印刷)

「きまぐれエンジェル」を掲載するコミックは3つありますがどれも絶版となっております。リンク先はコミックの販売サイト(Amazon)になります。

「きまぐれエンジェル」電子書籍

「きまぐれエンジェル」は、電子ブック版の「デボラがライバル」の1巻と2巻に収録されています。電子書籍の配信サイトは多々ありますが、中でもお勧めが「ブック放題」や「AmazonのKindle」。「ブック放題」は月額500円(税抜き)、「AmazonのKindle」は月額980円で読み放題です。どちらも専用端末は必要なく、アプリやPCなどでご覧いただけます。

「デボラがライバル」1巻には「さびしがりやのデボラ」、「きまぐれエンジェル」前半、2巻には「きまぐれエンジェル」後半、「君の名はデボラ」1話が収録されています。

「きまぐれエンジェル」翻訳版

「デボラがライバル」がイタリア語に翻訳されて1巻から4巻が刊行されました。「きまぐれエンジェル」は、その1巻に収録されています。Amazonのイタリアサイトでご購入いただけます。

  • 【PR】「イタズラなKiss」も「愛してナイト」も「デボラがライバル」も月額500円ですべて読み放題!。初月無料でお試しできます。ブック放題
サイト内検索