漫画家 多田かおるの公式サイトです

お好み焼き&ロック&少女漫画

愛してナイトは1981年8月号の別冊マーガレットで発表されました。1984年1月号の29話が最終話となりますが、1984年2月号の「愛してナイトアンコール編」を発表して最後になりました。作品を発表して約1年後には、アニメ化されテレビで全国放送されます。それを機に集英社のりぼんで1983年2月号から1984年1月号まで、特別版の愛してナイトが12話発表されました。

「愛してナイト」あらすじ

“やっこ”こと八重子は、お好み焼屋“まんぼう”のひとり娘。店を手伝いながら夜間大学へ通っている。 ある日、店の常連だった里美から愛を告白されたやっこは、とまどいながらも、つきあうことをOKする。
ところがやっこは、以前から気になる存在だった、里美の親友で同じロックバンドの剛にひかれていくのを止めることができなかった。
剛も同じ気持ちで、バレンタインの夜、二人の気持ちは通じ合う。 ところが、演歌一辺倒のやっこのおとうちゃんは、二人の恋に猛反対。剛はコンテスト出場のため上京。 さて、やっこと剛の恋の行方は…。