漫画家 多田かおるの公式サイトです

イタキスの誕生

1990年集英社の別冊マーガレット6月号に初めて登場し、連載が始まります。(正確にいえばその前の5月号の予告で初めて発表されます)それからというもの、たくさんのファンの皆様に支えられ、約10年間、全94話のイタキスが生れました。

あらすじ:

高校3年生の琴子は早くに母を亡くし、板前の父・重雄と二人暮し。 18歳の誕生日を迎えた彼女は、高校入学式の日に一目ぼれした直樹に、ついに想いを打ち明ける決心をした。
ところが勇気を出してラヴレターを渡した琴子に直樹は「いらない。頭の悪い女は嫌いだ」と冷たく言い放って去ってしまう。 確かに直樹はIQ200の超天才でスポーツ万能。琴子は成績順に分けられたクラスの最下位・F組。 彼女にとって直樹は高嶺の花だった。 失恋した琴子に追い討ちをかけるように、新築の自宅が崩壊してしまう。 途方に暮れた重雄は、学生時代からの親友・入江夫妻の好意に甘え、彼らの家に親子で身を寄せる事になった。 ところがそこはなんと直樹の家。二人は同居を余儀なくされてしまう…。

ファンの皆様の声

当サイトで2011年から行ったアンケートに寄せられたファンの皆様からの声を一部ご紹介しましょう。

イタキスここが好き!

おバカだけど純粋で心のきれいな琴子を屈折した性格の直樹が次第に愛するようになっていく過程と、結婚してからの二人が大好きです。

ギャグがほんとにもう面白すぎる!!だいすきです。琴子のパワーもほんとにだいすき。適度に入ったさっぱりしつつ幸せそうなラブシーンも好きです。濃すぎないからこそいい!キャラも嫌いなキャラいないしみんな個性強くて忘れられない!最近久々に読み返してすっごいたのしい!なんか現実逃避したいときにこれ読んだら頑張ろうって思えます~(/–)/私も大学で看護専攻してるので琴子みたいな人生送るってゆうのが目標なくらいです。(笑)

クールで冷血な入江くんが、琴子にどんどんハマっていってしまうところ。琴子に、ものすごくたまにみせる優しさが、カッコイイ!

シャイな入江くんを一途に想う琴子の奮闘ぶりが可愛くて好き。

ツンとしてる入江君が琴子ちゃんに振り回されながらも惹かれていくところ。入江君のお母さんが明るくて琴子ちゃんの味方なところ。

とにかく明るくて一途な琴子ちゃんと、その彼女を大好きな入江くんを初めとする周りの人たちが温かいところが,大好きです。

みんな大好きですが、特に入江ママのキャラが最高!入江ママがでているシーンは何度みても笑ってしまいます。入江君が私の理想像です!!!入江君のいつもは冷たいのに、実は琴子のことを一番心配してくれたり、キスシーンは何度みてもキューンとします!

一生懸命な琴子と、そんな琴子にどんどん惹かれていく入江くんの関係や回りの人物も魅力あふれるところです。

琴子の純粋さと入江くんのツンデレな感じが最高!

イタキスこのシーンが好き!

鴨狩君に入江君が嫉妬していた場面と、銀太にプロポーズされた事を知った時の入江君の場面です。この2つの場面は入江君の琴子に対する気持ちがとても現れていると思うし、いつもの冷静な入江君じゃない気がして好きです。

キャラクターがおもしろいのと、やっぱり入江くんと琴子のラブシーンが大好きです。雨の中でのキスは特に最高です

ゆうきが倒れて病院に搬送された後、入江君が病院に駆け付けて琴子を宥める場面

りかちゃんとの対決。琴子のパワーがとても好き

慰安旅行の露天風呂

雨の中の告白シーン!!「俺以外を好きだなんていうな…」にはトキメキものです!!

琴子が国家試験に合格した事を知らせに神戸へ行った時に、駅のベンチで直樹が寝ていたシーンが好きです!

琴子が寝ているときに、KISSするところ

琴子が入江くんと式あげたときにザマーミロっていうとこ

ページトップへ