漫画家 多田かおるの公式サイトです

デボラがライバル (集英社文庫―コミック版) (全2巻)

デボラがライバルは2巻目に収録されれいますが、この物語の始まりである、「さびしがりリやのデボラ」から「デボラがライバル」の全14話がこの2巻に詰まっています。

コミック概要 [リンクはAmazonへジャンプします] 

デボラがライバル 1

さびしがりやのデボラ1話
きまぐれエンジェル4話
デボラの夢は夜ひらく1話
君の名はデボラ1話(全6話)
●解説(対談)くらもちふさこ/聖 千秋



デボラがライバル 2

君の名はデボラ2話~5話(全6話)
デボラがライバル2話
●映画「デボラがライバル」多田のミーハー取材記

ページトップへ

デボラがライバル (マーガレットコミックス) (全4巻)

「デボラがライバル」の主人公デボラが初めて登場する物語が、集英社、別冊マーガレットの1987年5月号に掲載された「さびしがりやのデボラ」です。その後、同シリーズとして、デボラが登場する物語が次のリストのように発表されました。

「さびしがりやのデボラ」全1話(1987年)
「きまぐれエンジェル」全4話(1987年)
「デボラの夢は夜ひらく」全1話(1987年)
「君の名はデボラ」全6話(1988年)

上記全4タイトルは、別マ発表後に、マーガレットコミックとしても販売されました。現在は絶版になっております。

1988年に「君の名はデボラ」を発表して以降、約10年後に、このシリーズを元にした映画が作られます。その際にできた漫画が「デボラがライバル」(全2話・1997年)になります。

「デボラがライバル」が初めて出たのは別冊マーガレットです。その後、マーガレットコミックスから、「デボラがライバル」が全4巻発売されました。全4巻には、デボラが登場する、全シリーズ(「さびしがりやのデボラ」「きまぐれエンジェル」「デボラの夢は夜ひらく」「君の名はデボラ」「デボラがライバル」)が収録されました。現在では全4巻共、絶版となっております。

ページトップへ