漫画家 多田かおるの公式サイトです

漫画家 多田かおるの公式サイトです

ピンクの雪が降ったら・・・

「ピンクの雪が降ったら・・・」の発表

「ピンクの雪が降ったら・・・」が発表されたのは、集英社・別冊マーガレットの1988年2月号です。巻頭カラー1ページ、カラー扉を含め全55ページの作品です。1話完結。

「ピンクの雪が降ったら・・・」のあらすじ

「子安 真粧美(こやす まさみ)」はファストフード店でバイトする21歳。2年前に捨て猫の「歌ェ門(うたえもん)」が縁で、「東 雅貴(あづま まさき)」と出会う。

出会いから1年後に同棲し、今日でちょうど1年。雅貴が出張で出かける際、突然まさみにプロポーズ。”出張から帰ったら、雅貴の親が住む九州に一緒に行こう”と、言い残して出張先の大阪へと飛行機で向かった。

ところが、雅貴の乗る飛行機が消息不明で、全乗客の安否は絶望的というニュースが流れる。同時に歌ェ門もフラッと外へ出ていってしまう。

雅貴はもう戻ってこない。それに歌ェ門も戻ってこない。たった一人になってしまった真粧美は、途方に暮れて、雅貴の後を追おうとしていた。と、そのとき、死んだと思っていた雅貴が帰ってきた。

これで、元の生活に戻って結婚して、と思っていた真粧美だったが・・・。

「ピンクの雪が降ったら・・・」の見どころ

「ピンクの雪が降ったら・・・」は、多田先生の飼い猫の「クン太」がもう長くないという状態の時に、描かれました。

「いろんな想いを込めて「クン太」のために描いたような気がします。とても気に入ってる思い出深い作品です。」という多田先生のメッセージが残されています。

「クン太」は、「愛してナイト」のジュリアーノのモデルになった猫ちゃん。(詳しくはこちらのページをご覧ください:かおる先生は愛猫家)他の多田先生の作品には見られない異色の作品です。

「ピンクの雪が降ったら・・・」をご覧いただくには

「ピンクの雪が降ったら・・・」は、コミック(印刷)や電子書籍でご覧いただけます。

「ピンクの雪が降ったら・・・」コミック(印刷)

「ピンクの雪が降ったら・・・」の掲載コミックは3つありますがどれも絶版となっております。リンク先はコミックの販売サイト(Amazon)になります。

「ピンクの雪が降ったら・・・」電子書籍

「ピンクの雪が降ったら・・・」の電子書籍は『dブック』で3巻に分けて配信されています。画面の小さいガラケーでもご覧いただけます。

  • 【PR】「イタズラなKiss」も「愛してナイト」も「デボラがライバル」も月額500円ですべて読み放題!。初月無料でお試しできます。ブック放題




サイト内検索