漫画家 多田かおるの公式サイトです

漫画家 多田かおるの公式サイトです

愛してナイト

「愛してナイト」の発表

愛してナイトは1981年8月号の別冊マーガレットで発表されました。大阪を舞台にした、お好み焼き屋の娘のやっことロックシンガーの剛との恋愛物語。まるまる太ったオス猫のジュリアーノも人気を博しました。

1984年1月号の29話が最終話となりますが、1984年2月号の「愛してナイトアンコール編」を発表して最後になりました。作品を発表して約1年後には、アニメ化されテレビで全国放送されます。それを機に集英社のりぼんで1983年2月号から1984年1月号まで、特別版の愛してナイトが12話発表されました。

「愛してナイト」のあらすじ

“やっこ”こと八重子は、お好み焼屋“まんぼう”のひとり娘。店を手伝いながら夜間大学へ通っている。 ある日、店の常連だった里美から愛を告白されたやっこは、とまどいながらも、つきあうことをOKする。

ところがやっこは、以前から気になる存在だった、里美の親友で同じロックバンドの剛にひかれていくのを止めることができなかった。剛も同じ気持ちで、バレンタインの夜、二人の気持ちは通じ合う。

ところが、演歌一辺倒のやっこのおとうちゃんは、二人の恋に猛反対。
そして剛はコンテスト出場のため上京。 さて、やっこと剛の恋の行方は・・。

「愛してナイト」のみどころ

「愛してナイト」は多田先生が大阪に住んでいた頃執筆された作品です。先生が大好きな”お好み焼き”と”ロック”を作品にしたいという強い思いから生まれました。

また、この作品を執筆されるにあたって、大阪のライブハウスに何度も足を運び取材されました。そして、あるライブハウスでその後夫となる人と出会います。多田先生にとって非常に思い出のある作品になります。

「愛してナイト」というタイトルは、当時、多田先生がよく聞いていたラジオ番組の出演者が作った歌のタイトルです。「その響きがとても気に入った先生は、直接許諾の交渉をして漫画のタイトルに使わせていただくことになった」といういきさつがあります。

「愛してナイト」をご覧いただくには

「愛してナイト」は電子書籍や、紙のコミックでご覧いただけます。電子書籍にはモノクロ版とカラー版があります。

「愛してナイト」の電子書籍

「愛してナイト」の電子書籍のカラー版はモノクロ版にデジタル着色したもので、話数や内容は同じです。全話29話で、7巻に分けて配信されてます。

「愛してナイト」をご覧いただける電子書籍の配信サイトは多々ありますが、中でもお勧めが『ブック放題』や『AmazonのKindle』。『ブック放題』は月額500円(税抜き)、『AmazonのKindle』は月額980円で読み放題です。どちらも専用端末は必要なく、アプリやPCなどでご覧いただけます。ただ、読めるのは月額を払ったひと月のみです。

いつでも見たいときに見たい場合は、『eBookJapan』などで購入するのがおすすめです。

「愛してナイト」のコミックス

「愛してナイト」は、現在フェアベルコミックスまたは、集英社文庫でご覧いただけます。
どちらも全部で4巻出版されています。4巻には、「愛してナイトアンコール編」が特別に収録されています。(電子書籍にはありません)

その他に、集英社から発行されたSGコミックス(全3巻)とマーガレットコミックス(全7巻)がありますが、こちらは絶版となっております。

愛してナイトのコミックスについては次のページをご覧ください。

愛してナイトのコミックスについて

「愛してナイト」のメディア化

愛してナイトはテレビアニメや小説にもなりました。

「愛してナイト」のテレビアニメ

1983年3月から1984年1月まで全42話のアニメ版愛してナイトがテレビ放送されました。詳しくはリンク先ページをご覧ください。
アニメ版「愛してナイト」について


愛してナイトの小説

1983年、愛してナイトのアニメが放映されるのと同時期くらいに、小説版も集英社コバルト文庫より出版されます。全部で3巻で、カバーはかおる先生描き下ろしのカラーイラスト、240ページほどです。

集英社コバルト文庫(小説)
原作・多田かおる 著者・馬嶋 満
現在、3巻共に絶版となっております。

  • 【PR】「イタズラなKiss」も「愛してナイト」も「デボラがライバル」も月額500円ですべて読み放題!。初月無料でお試しできます。ブック放題




サイト内検索