漫画家 多田かおるの公式サイトです

漫画家 多田かおるの公式サイトです

虫歯だらけのラブソング

「虫歯だらけのラブソング」の発表

「虫歯だらけのラブソング」が発表されたのは、集英社・別冊マーガレットの1978年9月号です。全30ページの1話完結作品です。

「虫歯だらけのラブソング」のあらすじ

「吉田 菜摘(よしだ なつみ)」は、高校1年生。ここのところ、歯痛で悩まされ夜もろくに眠ることができない。息を吸うのでさえ痛いのに、病院嫌いの菜摘は毎日痛みに耐えていた・・。

ついに、歯の痛みが限界にまできて、菜摘はようやく歯科医院へ。受付で受診の順番を待っていると、菜摘の隣に頬を真っ赤に膨らませた男性が座ってきた。「姫 健治(ひめ けんじ)」だ。姫も歯医者が死ぬほど嫌いだと言う。姫と菜摘は意気投合して、お互いに励まし合って歯科医院に通うことになった。

そんなある日、治療が進みようやく姫は最終日を迎えた。一緒に励まし合って歯医者に通ってきた姫だったが、最後の別れの言葉は「じゃあさようなら。」の一言。

それまで、大嫌いだった歯医者に通うことが好きになっていた菜摘にとって、明日からはまた大嫌いな歯医者に変わりそうだ。しかも、姫に気持ちが傾いていたのに、あっけなく終わってしまった・・・。

「虫歯だらけのラブソング」の見どころ

「虫歯だらけのラブソング」は、デビューから3作目で、別冊マーガレットに掲載された初めての作品になります。

「虫歯だらけのラブソング」が執筆されたのは、1978年7月頃。多田先生が高校3年生の時で、高校生目線で作られたストーリーです。当時、別冊マーガレットでは「ピチピチ・ゆかい・コメディ」な作品として紹介されました。

主人公があっけなく終わってしまったと思っていた恋に、意外な結末が待ち構えています。高校生の多田先生が描くゆかいなコメディ作品をお楽しみください。

「虫歯だらけのラブソング」をご覧いただくには

「虫歯だらけのラブソング」は、コミック(印刷)や電子書籍でご覧いただけます。

「虫歯だらけのラブソング」コミック(印刷)

「虫歯だらけのラブソング」の掲載コミックは2つありますがどれも絶版となっております。リンク先はコミックの販売サイト(Amazon)になります。

「虫歯だらけのラブソング」電子書籍

「虫歯だらけのラブソング」をご覧いただける電子書籍の配信サイトは多々ありますが、中でもお勧めが『ブック放題』や『AmazonのKindle』。『ブック放題』は月額500円(税抜き)、『AmazonのKindle』は月額980円で読み放題です。どちらも専用端末は必要なく、アプリやPCなどでご覧いただけます。ただ、読めるのは月額を払ったひと月のみです。

いつでも見たいときに見たい場合は、『eBookJapan』などで購入するのがおすすめです。

「あこがれ色のキャンバスに・・・」という商品タイトルで、「あこがれ色のキャンバスに・・・」「工事中ですよ!!」「ショート・カット」「虫歯だらけのラブソング」「キッスの代償!?」の5作品を同時収録してます。

  • 【PR】「イタズラなKiss」も「愛してナイト」も「デボラがライバル」も月額500円ですべて読み放題!。初月無料でお試しできます。ブック放題




サイト内検索