漫画家 多田かおるの公式サイトです

漫画家 多田かおるの公式サイトです

14日目のハッピータイム

「14日目のハッピータイム」の発表

「14日目のハッピータイム」が発表されたのは、集英社・別冊マーガレットの1979年1月号です。全31ページの1話完結作品です。

「14日目のハッピータイム」のあらすじ

「相原 裕子(あいはら ゆうこ)」は、高校2年生。毎朝通学時の電車内で見かける、長身の男性に恋してそろそろ1年。名前も歳も分からないし、この先も遠くから見るだけの存在・・、と思っていた。

ある日、英語の授業を受けていると、なんと、裕子の席の後ろにあの憧れの男性が!!。彼の名前は、「前田 真司(まえだ しんじ)」。教育実習生として裕子のクラスにやってきたのだった。

前田と帰りの電車でも偶然同じになり、裕子は憧れの人に急接近。「毎朝同じ列車に乗っているのを見ていた」と話すと、「明日からは、声をかけて」という返事が。裕子は天にも昇る気持ちだった。

しかし、そのハッピーな出来事はつかの間の事。実は前田には憧れの人がいたのだ。前田が教師になることを目指しているのは、高校生のときからの憧れの先生に近づくためだった。そのことを知った裕子は・・。

「14日目のハッピータイム」の見どころ

「14日目のハッピータイム」は、高校生の目線で描かれた恋愛物語です。

「14日目のハッピータイム」が執筆されたのは、1978年11月頃。多田先生が高校3年生の時です。漫画で描かれているように、多田先生は淀屋橋行きの電車に乗って高校に通ってました。作品中に登場する「前田 真司」は、通学の電車で見かけたかっこいい人だったとか。

「もし、名前も年齢も知らない人を好きになったらどうする?」 「憧れの人に好きな人がいたら?」と、思いながらラッシュ時の電車に乗っていたのかもしれません。

ところで、この作品中の主人公の名前は「相原」。そして、名前は「裕子」。イタキスにも通じる名前が登場します。多田先生は、身近なところから名前を拝借して漫画内でよく使います。当時のクラスメイトや学校関係者、ご近所にその名前の人がいたのかは、分かりません。

「14日目のハッピータイム」をご覧いただくには

「14日目のハッピータイム」は、コミック(印刷)や電子書籍でご覧いただけます。

「14日目のハッピータイム」コミック(印刷)

「14日目のハッピータイム」の掲載コミックは2つありますがどれも絶版となっております。リンク先はコミックの販売サイト(Amazon)になります。

  • ピシッとせえよ!! ピシッと! (マーガレットコミックス)(絶版)「ピシッとせえよ!!ピシッと…!!」「ピンク・ピンク・ショッキングヌード!?」「春をかぞえて6つめに・・・」「14日目のハッピータイム」を収録。
  • 多田かおる傑作集 1 (集英社文庫(コミック版))(絶版)「あこがれ色のキャンバスに・・・」「工事中ですよ!!」「ショート・カット」「虫歯だらけのラブソング」「キッスの代償!?」「14日目のハッピータイム」「春をかぞえて6つめに・・・」「ピンク・ピンク・ショッキングヌード!?」を収録。

「14日目のハッピータイム」電子書籍

「14日目のハッピータイム」をご覧いただける電子書籍の配信サイトは多々ありますが、中でもお勧めが『ブック放題』や『AmazonのKindle』。『ブック放題』は月額500円(税抜き)、『AmazonのKindle』は月額980円で読み放題です。どちらも専用端末は必要なく、アプリやPCなどでご覧いただけます。ただ、読めるのは月額を払ったひと月のみです。

いつでも見たいときに見たい場合は、『eBookJapan』などで購入するのがおすすめです。
「ピシッとせえよ!!ピシッと・・・!!」という商品タイトルで、「ピシッとせえよ!!ピシッと・・・!!」「ピンク・ピンク・ショッキングヌード!?」「春をかぞえて6つめに・・・」「14日目のハッピータイム」の4作品を同時収録して販売してます。

  • 【PR】「イタズラなKiss」も「愛してナイト」も「デボラがライバル」も月額500円ですべて読み放題!。初月無料でお試しできます。ブック放題




サイト内検索