漫画家 多田かおるの公式サイトです

漫画家 多田かおるの公式サイトです

7月の卒業式

「7月の卒業式」の発表

「7月の卒業式」が発表されたのは、集英社・別冊マーガレットの1989年7月号です。46ページの読み切り。

「7月の卒業式」のあらすじ

高校3年生の後藤悦子は、風紀委員長を務めるまじめで、地味な女の子。彼女には心に秘めた男の子がいる。それが、加瀬くん。加瀬くんは長身で、カッコよく、学園の人気者。いつも遠くから加瀬くんの姿を追う悦子は、「卒業までに自分の存在を彼に知ってもらえたら・・・」という淡い願いを持っていた。

そんなある日、ひょんなことから加瀬くんと話をするチャンスがやってくる。話どころか、一緒にゲームをしたりハンバーガーを食べたり。加瀬くんにとってはいつものことなのに、悦子にとっては今までにない夢のようなすてきな一日に。

加瀬くんの本心は?はたして悦子の恋心はどうなる?

「7月の卒業式」の見どころ

1989年5月頃に執筆された「7月の卒業式」。当作品は、多田先生のある体験(後述)から描かれました。
発表から約10年後、「地味目の話だったんですが実は(めずらしく)結構気に入っている作品なんです。」という多田先生のコメントが残ってます。

多田先生の体験とは・・
当時、3人の女子高生が「偶然居合わせた学校の人気男子に声をかける、かけない、どうする」と、話している姿を見た多田先生。思わず彼女たちの後ろをついていき、「がんばれっ」と心の中で応援し、そのかっこいい男子の姿を見に行ったとか。

「今しかない!」と、勇気を出して声をかけていた女子高生たち。20代だった多田先生は、ドキドキした気持ちがなんだか懐かしく、妙な満足感に浸ったそうです。

「7月の卒業式」は、地味な女子高生の悦子を通して、当時の多田先生が感じた気持ちが描かれた作品です。

「7月の卒業式」をご覧いただくには

「7月の卒業式」は、コミック(印刷)や電子書籍でご覧いただけます。

「7月の卒業式」コミック(印刷)

「7月の卒業式」の掲載コミックは
リンク先はコミックの販売サイト(Amazon)になります。

「7月の卒業式」電子書籍

「7月の卒業式」の電子書籍は『dブック』で3巻に分けて配信されています。画面の小さいガラケーでもご覧いただけます

『dブック』はこちら:7月の卒業式

  • 【PR】「イタズラなKiss」も「愛してナイト」も「デボラがライバル」も月額500円ですべて読み放題!。初月無料でお試しできます。ブック放題




サイト内検索